少額ご予算のインターネット広告ならローカルフォリオへお任せ下さい

VRでできること|業界別活用事例と今後について

VRでできること|業界別活用事例と今後について

ゲームやエンターテイメント業界を中心にリアルな体験が楽しめるVRですが、デジタル技術が進んだ現在、医療分野をはじめとするさまざまな分野で活用されています。

VRの最大の特徴は、拡張現実と呼ばれる架空の世界で現実では起こりえない非日常な体験をあたかも実際に体験しているかのように味わえることです。こうした特徴を生かした活用事例を業界別にご紹介します。併せて、VR技術が今後どのようにビジネスと関わっていくのかなどVRの未来についても詳しく解説していきます。

VRとは?

VRとは「Virtual Reality」の略省で、「仮想現実」とも呼ばれています。専用のヘッドセットやゴーグルを装着することで、臨場感あふれる映像や音響が360°再現されあたかもその空間にいるかのような没入感の高い体験が味わえます。

VRは1990年台から家庭用ゲーム機やPCに対応したものがありましたが、2014年にスマートフォンを利用したVRアプリの登場したことで、現在はスマートフォンでも手軽に楽しめるようになりました。以前は、ゲームなどエンターテイメントのイメージが強いVRでしたが、専用アプリを使ったVR広告や医療現場や災害現場などのシミュレーションなどさまざまな業界で活用されています。

VRの仕組み

VRを体験するには、VRゴーグルやヘッドセットなど専用機器を装着するのが一般的です。専用機器をゲーム機やコンピューターに接続することで、ゴーグル内のディスプレイに映像が写し出されます。ディスプレイには右目・左目のそれぞれに合わせた画像が写し出されることで、その場にいるかのような臨場感のある映像を楽しむことができます。

これは実際に人の目が距離や物体の大きさを感じるメカニズムを応用しています。左右の目に微妙に異なる映像を映すことで、立体感を感じることができる仕組みとなっています。ヘッドセットの映像は内臓センサーにより、顔の角度や向きに合わせて変化するのであたかも映像の中にいるかのような没入感が味わえます。
また、高度なVRでは空間音声と呼ばれる複数のマイクで収録された音を立体的に再現する機能も備わっており、より臨場感のある体験ができます。

VRでできること

VRでできることは、専用のコントローラーを操作しゴーグルに映し出された仮想空間内を移動することや、映像内の物体に触れるなどのアクションを起こすことなどです。

こうした体験を応用し、医療現場での外科手術の研修や災害に備えた避難訓練などの学習が行えます。
また、平面で作成された図面をVR技術で立体映像にすることで、建築物の内部構造を確認することができます。そのほかにも自宅にいながら観光地巡りができるなどバーチャル空間自体を楽しむこともできます。

業界別 VR活用事例

現在、VRがどのような業界で具体的にどんな活用をされているのでしょうか。
業界別に代表的な活用事例を3つご紹介します。

医療現場での活用

人の命に関わる医療現場では、高度な外科手術や救命対応など実際に人の体を使った実習は難しく、経験の浅い医師や看護師の経験を積む機会は少ないのが現状です。そこでVRを活用したシミュレーション装置を使った手術研修や社会復帰を目指す患者のリハビリなどが積極的に行われています。
新潟大学医学部が拡張型デバイス開発会社とバーチャルリアリティ診療手技訓練コンテンツを共同開発するなど、IT企業と教育機関がタッグを組み、医学生など若年層を中心としたスキルアップに力を入れています。

参考:新潟大学 バーチャルリアリティ診療手技訓練コンテンツを開発-臨床実習開始前の教育への活用を期待-

また、医療関係者の研修だけでなく、運動機能に問題を抱える患者のリハビリや自閉症の子供たちの教育サポートなど幅広く利用されています。
アメリカのIT企業Floreo社は、自閉症の子どもたち向けの教育系VRコンテンツを開発。VRゴーグルとタブレット端末を連携させることで、子どもと教師・保護者が同じ画像を共有しながらコミュケーションが取れる工夫がされています。

参考:Floreo- A New World of Learning

不動産業界での活用事例

不動産業界でもVRを積極的に活用しています。その代表例がマンションなど物件をスマホやPCで内覧できるサービスです。実際にVR内覧を行っている不動産会社では、内覧に掛かる時間が短縮されたことで業務効率が上がった・入居者からのクレームが減少したなどの声もあります。

マンション建設業界最大手の長谷工リアルエステートは、「昼間忙しくて内覧に行けない」「遠方に引っ越す予定だが足を運ぶのが難しい」顧客向けに「360°VR内覧」というサイト内で紹介している物件の一部をスマートフォンやPCで確認できるサービスを提供しています。画像は3Dアニメーションですが、部屋のすみずみまで確認できます。

参考:長谷工リアルエステートWebサイト

建設業界での活用事例

建設業界では常に現場作業員の安全管理を最優先しなければなりません。一方、決められた工期内に作業を完了しなければならないといった課題も。こうした問題に活用されているのがVRです。

スーパーゼネコンのひとつ大成建設は、危険を伴う災害現場の復旧工事などを想定し、「T-iROBO Remote Viewer」と呼ばれる臨場型映像システムを開発しました。ヘッドマウントディスプレイを使い重機を操作するため、作業員は安全な場所から重機を操作するため、二次災害のリスクが軽減されます。これにより、作業効率と作業員の安全確保の両立が可能になりました。

参考:BUILT 情報化施工VRで重機を遠隔操作、大成建設が新システム(2017年1月25日公開)

VRの未来

現在、多くの業界で活用が進むVRですが、今後もますますさまざまな分野の利用が期待されています。

5G技術との掛け合わせ

2020年から本格的なサービスが始まった5Gにより、大容量のデータが高速かつ安定してダウンロードが可能になりました。こうしたことから、より臨場感のあるリアルな映像がVRでも楽しめるように。会場の熱気や生き生きとした選手の躍動感が魅力のスポーツ観戦もVRの生配信で楽しめるようになります。野球など長時間に及ぶ試合も5G技術と組み合わせることで、スタジアムと同様の熱気を体感できるでしょう。

メタバースとの関係

VRが仮想現実であるのに対し、メタバースは仮想の空間そのものを指します。VRは仮想現実を体験するためのツールであり、メタバースはその仮想現実を楽しむ空間といった方がイメージしやすいのではないのでしょうか。
大手SNS企業であるMetaがメタバースに本格参入したことで、今後メタバース上でのビジネス活動はますます活発になることが予想されています。バーチャルオフィスやショップなど現実世界と同様の経済活動が可能なメタバースとVR技術を掛け合わせることで、自宅にいながら世界中のマーケットと取引が可能になります。こうしたことから今後ますます多くのビジネスチャンスが生まれるだろうと予想されています。

まとめ

本格的な実用がスタートした1990年代は、ゲームやエンターテイメントのイメージが強いVRでしたが、現在は医療や建設などさまざまな分野で活用されています。5Gの登場により、VRは今後ますます活用の場を広げていくでしょう。また、メタバースと呼ばれる仮想空間上でも経済活動が活発なることも予想されており、今後進化を遂げる中、専用ゴーグルがなくてもスマホなどの端末からでも利用が可能になることも期待されています。
進化し続けるVR技術を自社の新たなビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。

中小企業様特化型運用代行サービス

RECENT POST「ITナレッジ」の最新記事

VRでできること|業界別活用事例と今後について
     
中小企業様特化型運用代行サービス
パートナー制度の資料請求

最新記事

  1. 究極の業務改革。全てを自動化する『ハイパーオートメーション』とは

    究極の業務改革。全てを自動化する『ハイパーオートメーション』とは

  2. 機械学習とは?できることやビジネスのヒントを3つの事例で解説

    機械学習とは?できることやビジネスのヒントを3つの事例で解説

  3. 話題のメタバースとは?できることやビジネスモデルを徹底解説!

    話題のメタバースとは?できることやビジネスモデルを徹底解説!

ページ上部へ戻る