少額ご予算のインターネット広告ならローカルフォリオへお任せ下さい

D2Cとはどんな意味?注目のビジネスモデルを分かりやすく解説

D2Cとはどんな意味?注目のビジネスモデルを分かりやすく解説

今注目を集めているD2Cというビジネスモデルをご存じでしょうか?「興味はあるけど自分に関係あるのかよくわからない」「聞いたことはあるけど自分の事業に活かせるのかわからない」という方もいらっしゃると思います。そこで、この記事では「D2Cがなぜ注目されるのか」その理由とD2Cでビジネスをする場合の成功ポイントを解説していきます。

D2Cとは

D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で「製造者がダイレクトに消費者と取り引きをする」という意味のビジネスモデルです。かつてはスーパーや家電量販店などの販売者を通して販売を行う販売方法が一般的でした。インターネットの普及により、メーカーなどの製造者が直接商品を販売できるような環境が整ってきたことで生産者が直接商品をユーザーに届けられるようになりました。D2Cのメリットとしては、販売費用が抑えられること・中間業者が介入しないため売り上げを最大化できるという点とユーザー側も商品を安く購入できるという点です。

従来の販売方法はB2Cというビジネスモデルであり「Business to Consumer」の略で「企業が消費者と取引する」ことをいいます。
ではなぜ、近年になってD2Cが注目されるようになったのでしょうか。

なぜD2Cが注目されているのか

D2Cが盛んになった理由の一つに、中間業者を挟むことなく個人の生産者や小規模企業が直接ユーザーに商品を販売しやすくなった環境が整ってきたことがあります。最近ではECサイト事業で有名な「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏がD2Cを教えるスクールを開き注目を集めました。このように「D2Cを学びたい!」という個人や企業向けにスクールが開設されるほど注目されています。ではなぜここまで注目されるようになったのでしょうか?その大きな理由を2つ解説していきます。

業界の市場規模拡大

D2Cが注目されている1つ目の理由として、インターネットの普及に伴い、EC(電子商取引)の市場規模が拡大していることが挙げられます。インターネット普及前は製造者が作製した商品を目にする機会が少なく、製造したものを届ける手段がありませんでした。それが近年のインターネットの普及に伴って、個人はさまざまな情報を仕入れることができるようになりました。その結果、今まで店舗に行かなければ目にできなかった商品を目にする機会が増えインターネットを介した取引が増加しました。経済産業省のデータによると、2010年から2019年にかけてEC市場の規模は約2.5倍に拡大しています。

D2Cとはどんな意味?注目のビジネスモデルを分かりやすく解説01
出典:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました (METI/経済産業省)

スマートフォンの普及により、スマートフォン向けのアプリ開発が進んでいます。最近ではコロナ禍の影響もあり、自宅にいながらスマートフォン1つでショッピングが楽しめるようにもなりました。実際に、スマートフォンを活用してD2Cを実現できるプラットフォームとして「BASE」や「Shopify」などがあります。中小企業や個人によるD2Cのハードルが下がり、さらなる市場拡大が見込めことからD2Cの注目度はさらに上がっています。

SNSの普及

D2Cが注目されている2つ目の理由として、SNSの普及が挙げられます。ICT総研の調査では、SNSの国内利用者が直近5年で1000万人近く増加し、8270万人が利用していると発表されています。2024年には8388万人まで拡大すると言われています。

D2Cとはどんな意味?注目のビジネスモデルを分かりやすく解説02
出典:2022年度SNS利用動向に関する調査|ICT総研【ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研】 (ictr.co.jp)

SNSの普及により、ユーザーは口コミや商品レビューなどよりリアルな情報も入手できるようになりました。それにより、SNSを使った集客を行う企業や個人が登場し始めました。集客や販売以外にもSNSの発信を通じて、企業や個人のブランディングまで行うことで製造者のファン化も可能になり、個人がユーザーに直接商品を販売しコアなファンを獲得するD2Cというビジネスモデルが一気に浸透。いまや多くの個人事業主や小規模企業でこうした背景からSNSを使ったD2Cビジネスが注目されるようになりました。

D2C成功のポイントは3つ

では実際にD2Cを行う場合、どのような点に気をつける必要があるのでしょうか。D2C成功のポイント3つを解説していきます。

顧客ニーズに合った商品の選定

D2Cは扱う商品によって向き・不向きのあるビジネスモデルです。D2Cが向いているのは、ストーリーやオリジナリティのある商品やそれらの商品を求めるファンを対象にする場合です。逆にターゲットを限定しないような商品は相性が良いとはいえないでしょう。ターゲットを限定しない商品とは生活必需品、食料品などが該当します。そのような商品となぜ相性が良くないかというと、大量生産・大量販売によってB2Cで販売するほうが売り上げを最大化できるからです。インターネット普及前はこのようなマスマーケティング(消費者を絞らないマーケティング戦略)が一般的であり、資金力を持たCMなどの広告が打てる大企業が有利です。以上より、D2Cでの成功ポイントは一定層の顧客に購入してもらえるような顧客ニーズに合わせた商品選定が大事になります。

顧客分析によるリピーター獲得

D2Cでは顧客分析が重要になります。B2Cでは販売業者が顧客情報を管理するため、顧客の属人性や購入履歴等を確認することができません。その点、D2Cでは直接購入した消費者の情報を管理することができます。これにより、商品が消費者のニーズに合っているかを常日頃から分析することができます。分析によって改善点が見つかり商品の質を高めることができます。商品の質が高くなれば、顧客満足度が高まりリピート購入にもつながるでしょう。顧客分析を行う際のポイントは「顧客の満足度」「なぜ購入してもらえたのか」「どこで商品を知ったのか」など細かく分析することです。商品の売り上げを最大化するためにも正確な顧客分析は欠かせない要素といえるでしょう。

コミュニケーションツールの活用

B2Cでは販売業者が集客を行うのが一般的ですが、D2Cでは自分たちで集客を行う必要があります。どんなに商品が良くても認知拡大や集客ができなければ、消費者へ商品が届くことはありません。D2Cを行う企業や個人の多くは、大企業のようにTVCMや新聞広告など高額な宣伝活動を行うのは難しいでしょう。そこで有効な宣伝ツールになるのがSNSやメルマガなどのコミュニケーションツールです。
例えば、

  • SNSによる発信により商品を広く認知してもらう
  • メルマガを活用することで商品のストーリーや想いを伝える
  • ブログにより検索行為で商品を知ってもらう

上記のような方法で商品の認知と集客が可能になります。コミュニケーションツールの活用は、企業や個人のファン化を促進する役割もありD2Cでは欠かせないポイントです。商品だけでなく製造者に興味を持ってもらうことがD2C成功のポイントともいえるでしょう。

D2Cでビジネスを加速させる

D2Cは企業や個人のビジネスを加速できるようなビジネスモデルです。EC市場が伸び続ける限り、D2Cによるビジネスもさらに拡大していくことは間違いありません。顧客と直接つながり商品を届けられるのは、商品を作る製造者としてもメリットが大きいです。D2Cにより、質の高い商品を提供できる企業、個人は今後益々ビジネスを発展させられるでしょう。

中小企業様特化型運用代行サービス

RECENT POST「ビジネス変革ナレッジ」の最新記事

D2Cとはどんな意味?注目のビジネスモデルを分かりやすく解説
     
中小企業様特化型運用代行サービス
パートナー制度の資料請求

最新記事

  1. DX導入で建設業の課題は解決できる?現状の業界の取り組みを紹介

    DX導入で建設業の課題は解決できる?現状の業界の取り組みを紹介

ページ上部へ戻る